講座:国際中医薬膳養生師


ご挨拶

東洋医学健康会 神戸中医学院  院長:孫 華麗
(北京中医薬大学卒医学学士、中国中医科学院大学院卒医学修士、元・中日友好病院 中西医結合腫瘤科医師)

古典医書に「治未病」という言葉があります。この言葉は大学の教科書や多くの文章に見られます。私が初めて深く認識するようになったのは、1991年の粟島行春先生(日中友好病院客員教授)との出会いがきっかけです。

粟島行春先生は「西洋の予防医学の考え方は人間以外の外邪を退治することだが、治未病は人間そのものに重点をおき、人間の生きる力に注目する考え方だ」と言われました。

『黄帝内経』『難経』『傷寒論』『金匱要略』の古典にも、「是故聖人不治己病治未病」「夫病己成而後薬之、乱己成而後治之、譬猶渇而穿井、闘而鋳錐、不亦晩乎」「上工治未病、中工治已病」と記されています。これは「病気になってから治療するのでは遅い。病になる前に治すのが良い医者である。」と言う意味です。

私は癌専門医時代に、手術や抗癌剤治療で癌が無くなったにも拘わらず、早くにお亡くなる患者様を目にしてきました。そして、癌を消しても癌を生み出す身体を治せなかったことを痛感し、改めて身体全体を見て病を治すことの必要性を感じました。

「治未病」は「人間の自然治癒力をどう高めるか」にかかっています。私は「もう一度、中医学の原点に戻らなければならない。」と強く思い、「東洋医学健康会」及び「神戸中医学院」を設立致しました。

本校では「治未病」実現の為に中医学講座を開講しております。本校での学びが皆様の健康の一助となると同時に、受講者の皆様が国際中医薬膳養生師として広く社会でご活躍されることを願っております。

「国際中医薬膳養生師」カリキュラム

総時間数:690時間(集中講座138時間 自宅学習552時間)

科 目 総時間数 集中講座 自宅学習
中医基礎理論 115時間 23時間 92時間
中医診断学 90時間 18時間 72時間
中薬学 115時間 23時間 92時間
方剤学 115時間 23時間 92時間
中医内科学 90時間 18時間 72時間
中医薬膳学/弁証施膳 165時間 33時間 132時間
合計 690時間 138時間 552時間

 

「国際中医薬膳養生師」認定試験要項

【主催者】    北京天人信和中医薬研究院 ※1
【試験代行者】  神戸中医学院 ※3

試験科目:中医基礎理論・診断学・中薬学・方剤学・内科学・薬膳学・弁証施膳
出題範囲:問題集から出題
出題形式:選択問題(各科目)、記述問題(薬膳弁証施膳)
試験時間:各科目50問/90分(2日間)
受験料・他: 詳細は試験前配布の「受験要項」にてお知らせ

※1 北京天人信和中医薬研究院

2004年設立。中国全土から著名老中医を多数集結させた専門機関。多数の国際企業と提携し、医療技術、医薬養生技術、ダイエット美容技術、薬膳分野の技術研究開発、養成普及に注力しています。又、北京高等中医薬养成学校※2・北京天人信和医療保健科技有限会社・信和中医薬研究院美容センターと多分野で相互協力しています。

※2 北京高等中医薬養成学校

1992年設立。中医学・西洋医学の人材養成専門医学養成組織。北京中医薬大学・北京天人信和中医薬研究院・北京中医薬大学付属病院・中国中医科学院・北京中日友好病院・北京市中医院などから専門家を招聘し、多くの専門技術人材を養成しています。

※3 東洋医学健康会 神戸中医学院

2002年に孫華麗(元・中日友好病院/中西医結合腫瘤科医師)が神戸市に設立した中医学教育機関。2016年に神戸中医学院を併設し、「北京高等中医薬培訓学校」及び「天人信和中医薬研究院」と提携。「治未病」実現の為に中医学講座(中医薬膳・中医美容学・経絡ツボ療法・推拿療法・中医中薬・中医学古典・気功・中国語など)を開催し、中医学の人材を多数輩出しています。