練習問題>診断>四診 20210207(日)18(木)

1            仮神に見られるのは___である

  1. 話が支離滅裂
  2. 両顴(頬部)が赤い
  3. 反応が鈍い
  4. 重症病人で、急によく食べるようになる
  5. 表情淡泊

 

2            顔色青の主病は___である

  1. 寒証
  2. 湿証
  3. 気虚
  4. 痰滞
  5. 熱証

 

3            両顴(頬部)が紅潮するのは下記の___証に見られる

  1. 心火亢盛
  2. 陰虚内熱
  3. 陽明湿熱
  4. 肝胆湿熱
  5. 気虚発熱

 

4            舌淡白で潤い、舌体胖嫩。その主病は___である

  1. 血瘀
  2. 血虚
  3. 陽虚
  4. 実寒
  5. 痰証

 

5            紫舌が現われるのは___である

  1. 湿困
  2. 血瘀
  3. 痰阻
  4. 津虧
  5. 食積

 

6            青舌が現われるのは___である

  1. 痰証
  2. 湿証
  3. 虚証
  4. 熱証
  5. 寒証

 

7            舌苔の有根と無根は___を判断することができる

  1. 邪気の盛衰
  2. 臓腑の虚実
  3. 胃気の有無
  4. 津液があるかどうか
  5. 気血が充足するかどうか

 

8            舌苔黄膩は___証に見られる

  1. 肝胆湿熱
  2. 腸熱腑実
  3. 心火亢盛
  4. 肺熱壅盛
  5. 熱陥心包

 

9            黄苔の主病は___である

  1. 寒証
  2. 熱証
  3. 痰飲
  4. 湿証
  5. 虚証

 

10          咳の音がこもり、痰が濃く黄色で咳出しにくいのは___により起こる

  1. 肺燥
  2. 肺熱
  3. 脾湿
  4. 肝火
  5. 肺寒

 

11          肝気鬱結証に見られる症状は___である

  1. 短気
  2. ため息
  3. 呃逆
  4. 噯気
  5. 少気

 

12          眠ると汗が出て、目が覚めると汗が止まるのは___である

  1. 盗汗
  2. 絶汗
  3. 自汗
  4. 大汗
  5. 戦汗

 

13          後頭部の痛が項部に及ぶ。その病位は___にある

  1. 少陰経
  2. 太陰経
  3. 少陽経
  4. 太陽経
  5. 厥陰経

 

14          湿邪による頭痛の特徴は___である

  1. 頭痛に熱感がある
  2. 頭痛、割れるように痛む
  3. 頭暈脹痛
  4. 頭痛で項部に及ぶ
  5. 頭痛、包まれたように締め上げられるように痛む

 

15          頭痛の部位は一側或いは両側である。その病位は___である

  1. 厥陰経
  2. 太陽経
  3. 陽明経
  4. 少陽経
  5. 太陰経

 

16          頭痛の部位は巓頂である。その病位は___である

  1. 太陽経
  2. 陽明経
  3. 少陽経
  4. 太陰経
  5. 厥陰経

 

17          肝気鬱滞による胸脇痛の特徴は___である

  1. 隠痛
  2. 絞痛
  3. 脹痛
  4. 灼痛
  5. 刺痛

 

18          腰部が冷えて痛み、重い、雲雨の日にひどくなるのは___証に見られる

  1. 腎虚
  2. 寒湿
  3. 瘀血
  4. 血虚
  5. 陰虚

 

19          胃腸気滞による腹痛の特徴は___である

  1. しくしく痛む
  2. 脹痛
  3. 刺痛
  4. 食後に痛みが緩解する
  5. 灼痛

 

20          消穀善飢は___によるものである

  1. 肝火犯胃
  2. 胃火熾盛
  3. 脾胃湿熱
  4. 胃陰不足
  5. 痰火上炎

 

21          痰飲証の飲水特徴は___である

  1. 口渇
  2. 口渇で冷たいものを飲みたがる
  3. 水で口を漱ぐだけで、飲もうとはしない
  4. 口渇で多量に飲む
  5. 飲む量が少ない、あるいは飲んでも直ちに吐き出す

 

22          下記の項で、___は口苦が現われる

  1. 脾胃湿熱
  2. 肝胆有熱
  3. 宿食不化
  4. 肝胃不和
  5. 飲食停滞

 

23          洪脈の指の下の感触は___である

  1. ネギの管を押えるような感じ
  2. 太鼓の皮を押さえるような感じ
  3. 来盛去衰(来る時は激しく去る時は衰えていく)
  4. 縄をよったロープを押えるような感じ
  5. 指への手応えがすべるような感触

 

24          浮・大で中空の感触がある脈象は___である

  1. 微脈
  2. 芤脈
  3. 散脈
  4. 牢脈
  5. 革脈

 

25          濡脈の主病は___である

  1. 湿証
  2. 痛証
  3. 熱証
  4. 腫痛
  5. 瘀血

 

26          糸のように細いが、指にははっきりと触れる脈は___である

  1. 弱脈
  2. 濡脈
  3. 細脈
  4. 微脈
  5. 散脈

 

27          滑脈の脈象特徴は___である

  1. 来盛去衰(来る時は激しく去る時は衰える)
  2. まっすぐで長く脈形が長い
  3. 本来の部位(寸関尺)を超える
  4. 脈の往来が滑らかである
  5. 脈が糸のように細い

 

28          脾気虚の顔色、その特徴は___である

  1. 青黄
  2. 萎黄
  3. 青紫
  4. 鮮明な黄色
  5. 暗い黄色

 

29          顔色黧黒、肌膚甲錯は、下記の___証に見られる

  1. 血虚
  2. 瘀血
  3. 津虧
  4. 陽虚
  5. 気虚

 

30          肥満で、食べられない、筋肉が緩むのは下記の___証に見られる

  1. 形盛気虚
  2. 形気皆盛
  3. 陰血不足
  4. 内に虚火がある
  5. 気血両虚

 

31          舌中部は___に属する

 

32          舌辺部は___に属する

  1. 膀胱
  2. 肝胆
  3. 脾胃
  4. 小腸
  5. 大腸

 

33          舌苔の形成は___に頼っている

  1. 肝気
  2. 心気
  3. 腎気
  4. 胃気
  5. 肺気

 

34          淡白舌に見られないのは___である

  1. 気虚
  2. 血虚
  3. 陽虚
  4. 陰虚
  5. 脾虚

 

35          熱盛で血瘀を兼ねる舌象は___である

  1. 淡紅舌
  2. 紅絳舌
  3. 青紫舌
  4. 絳紫舌
  5. 青舌

 

36          舌色淡紫で潤いがある。その主病は___である

  1. 寒凝血瘀
  2. 気滞血瘀
  3. 気虚血瘀
  4. 痰湿交阻
  5. 気血両虚

 

37          舌淡白で潤い、舌体胖嫩。その主病は___である

  1. 血瘀
  2. 血虚
  3. 陽虚
  4. 実寒
  5. 痰証

 

38          紫舌が現われるのは___である

  1. 湿困
  2. 血瘀
  3. 痰阻
  4. 津虧
  5. 食積

 

39          青舌が現われるのは___である

  1. 痰証
  2. 湿証
  3. 虚証
  4. 熱証
  5. 寒証

 

40          舌中部の芒刺は下記の___証に見られる

  1. 心陰不足
  2. 肝胆湿熱
  3. 胃陰不足
  4. 胃腸熱盛
  5. 疫癘が起こり始める

 

41          舌尖部の赤い点は下記の___証に見られる

  1. 肝胆火盛
  2. 胃腸熱盛
  3. 心火亢盛
  4. 胃陰不足
  5. 腎陰虧虚

 

42          舌体胖大、歯痕があるのは、___証に見られる

  1. 心血不足
  2. 肝血虧損
  3. 腎陰不足
  4. 肺陰不足
  5. 脾虚湿盛

 

43          舌体痩薄、舌色淡白は___証に見られる

  1. 陰虚
  2. 津虧
  3. 血虚
  4. 気虚
  5. 陽虚

 

44          舌苔黄膩は___証に見られる

  1. 肝胆湿熱
  2. 腸熱腑実
  3. 心火亢盛
  4. 肺熱壅盛
  5. 熱陥心包

 

45          花剥苔は下記の___証に見られる

  1. 脾虚湿盛
  2. 胃腸有熱
  3. 脾腎陽虚
  4. 胃気陰両虚
  5. 脾胃湿熱